3/22 SoftnBankのMVNOがスタート

これでまで、MNNO格安SIMの殆どが、docomoに偏っていました。
直近では、auの格安SIMも拡大してきいるのが、mineoやUQ mobileですね!
今までは、Softbankだけの格安SIMが無かったのです。
SoftbankユーザーがSoftbankのキャリアからSoftbank系の格安SIMにMNPすることは出来ませんでした。Softbankユーザーは、他社の端末を買わないと格安スマホに移行することが出来ませんでした。
それが、遂に発売されます。
SoftBankのiPhoneやiPadで、日本通信のSIMを使えば「SIMロック」を解除しなくても使えるようになります!日本通信が3月22日より、SoftBankのネットワークを借りたMVNOを開始をするのです。

SoftBankのネットワークを借りるMVNOは、ゼロに近い状態のため、登場が待たれていたことは言うまでもありません。docomo・au・SoftBankの三大キャリアのMVNOが揃ったため、今後もさらに競争が激化するは必至と言えます。

注目点はここ!!

一番最初に日本で初めてiPhoneを取り扱いをしたのが、Softbankです。
となれば、iPhoneユーザーが多いのがSoftbank!

「SIMロックを解除しなくてもMVNOの利用が可能である」ことが注目点です。
何故ならば、2015年5月からSIMロック解除が義務化されていますが、iPhone6以前のiPhoneは、SIMロックが解除できないのです。
iPhone6、iPhone5S、iPhone5、iPhone4S等です。

今後、日本通信がSoftbankのSIMロックがかかった状態でも今回発売される日本通信から格安SIMを利用することにより、iPhone6、iPhone5S、iPhone5、iPhone4SのiPhoneを使っていてもSoftbankユーザーに対しても、端末を買い替えないで格安SIMが利用出来るのです。

SoftBankの中古iPhone・iPadの相場が上昇することも予想されますので今後、SoftBank端末の動向に注目です。

日本通信ってどんな会社なのでしょうか?
『日本通信は 1996年5月24日、モバイルが実現する次世代インターネットを活用して日本の次世代経済の基盤を構築する総務省の方針を実現する会社として設立されました。
当社ビジネスモデルはのちにMVNOと命名され、2009 年3月、総務省の携帯市場のオープン政策のもとNTTドコモとの相互接続を実現しました。これにより「格安SIM」が生まれ、携帯事業者以外から携帯通信(SIM)が買える市場が誕生しました。次は、携帯電話以外の産業が、自社サービスにモバイルを組み込み、産業全体がモバイルを活用し成長する番です。
MVNO ルールメーカ、世界初のMSEnabler としての強い技術ビジョンと高い遂行力によって、日本発の経済創出の一翼を担うべく次世代プラットフォームの構築に取り組んでいます。
東京、米国コロラド州およびフロリダ州に拠点を置き、東京証券取引所市場第一部に上場(証券コード:9424)しています。』←←日本通信ホームページから抜粋
格安SIMを発祥した会社でもあるのですね!
どこでSoftbank 格安SIMが買えるのでしょうか?
-スマモバ
– ZOA
– PC DEPOT
– ビックカメラ
– U-NEXTストア
– ヨドバシカメラ
– 大手eコマースサイト
– 日本通信オンラインストア
U-NEXTを通じ全国のヤマダ電機で、ソフトバンク回線の格安SIMが手に入れることが可能となります。
格安SIMでiPhoneライフを楽しみましょう。

壊れたiPhone買取ならPMOパートナーズにお任せ下さい。