こんばんは~いつもお買い取りのご依頼ありがとうございます。

春が来そうな感もあるのですが、まだまだ寒い日は続いております。

インフルエンザの猛威もピークを過ぎたとの報道もありますが、まだまだ油断大敵です。自分自身もそうですが、朝うがいをしながら買い取り業務に精を出してまります。

最近は、中古正常動作品の買い取りのご依頼が減少気味です。壊れたiPhone買い取りは多くなってきているのですが、これには幾つかの理由があります。

 

docomo、au、Softbankで学割がスタートしているのと、キャッシュバックが出来なくなったことから古いiPhoneの下取りサービスが大半になりました。

機種変更などで下取り案件があります。

Softbankを例にとって解説してまりましょう。

例えばiPhone6Sを下取りに出したらどうなるのでしょうか?

33,600円で下取りをします。
1,400円×24回 ここがポイントです。毎月の支払から月々割り引く施策です。
1,400円分毎月の携帯料金から割引される計算です。

 

PMOパートナーズでiPhone6Sを買い取りをしたらどうなるのか?

GBによりますが、約30,000円で下取りをしております。

正直申し上げて、金額ベースでは下取り価格には負けてしまいます。
これは認めなくてはならないです。

下取と買取との違いです。

下取り➡機種変更した商品から月々割引くだけ➡現金は手元に残らない。

買取り➡現金で支払う➡手元に現金は残るので現金なら何でも対応が可能!!

 

iPhone買い取りであれば、現金払いです。旅行にも行けます。高級なお寿司も食べれます。
考え方次第でありますが、みなさんはどちらが得であると考えますか?

ここに、格安SIMを導入して運用していけばもっとお得になることは確実です。
トータル的に考えていくことが大切です。

そうですね~買取した金額を使ってアップルでiPhone7を購入!して、月々は格安スマホで運用する等、いろいろな方法があります。

ここでは、記載を省きますが、当店のPMOパートナーズは、iPhoneの買い取りだけではなく、安く維持する方法などもご案内しております。

お気軽にお問い合わせ下さいませ。