こんばんは!PMOパートナーズ店長 大口です。
前回でのネットワーク制限について△から✖ ヤフオクでのリスクは本当にあるのか?


ネットワークでの説明が長くなってしまったので、第二回目としてヤフオクではどんなリスクがあるのか?考えていきたいと思います。今後の白ロムライフに役に立て戴ければと思います。

前回も紹介しておりますが、以下の説明はネットワーク ソフトバンクの説明となります。

 

○: 利用できます(後日不正契約が認められた場合を除きます)
▲: 利用できますが、代金債務の不履行等により利用制限となる可能性があります
×: 利用制限中です
-: 製造番号が確認できません

 

ここの気になるーですね~。これはどんな意味があるのか?簡単にご説明いたします。
-: 製造番号が確認できません!とあるようにsoftbankで発行した製造番号では確認が出来ないとなっているので、このマークが示現した場合は、アップルでの修理(再生品)と交換されたiPhoneとの意味です。アップルではアップルケアなどで初期不良等があった場合には無料で再生品と交換してくれますので交換されたiPhoneです。

iPhone豆知識として・・・

設定アイコンをタップして確かめることが出来ます。
一般をタップして情報をタップをすると、モデル番号が出てきます。

このモデル番号がNG~Nからはじまっているモデル番号ですと完全に再生品であると分ります。

表題にもあります。

ヤフオクiPhoneを購入リスクは本当にあるのか?

結論から申し上げると△のiPhoneを購入する場合は、リスクはあります。

リスクを承知で購入するのであれば良いでしょう。
まったくネットワークを知らずに購入することはいかがでしょうか?
もしも、✖なったときの怒りは収まらないでしょう。

また、価格が高いiPhone7は、リスクは大であると言わざるを得ないでしょう。
iPhone7の定価は、ご存知でしょうか?約10万円もする高額商品でもあるのです。
新品を買い、すぐに買い取りして現金化して、分割払いは未払いのままでドロン~となるケースが多数報告されておりますのでネットワークを保証してくれる出品者の方であれば書面にしてもらうぐらいのリスク管理は実行すべきであると考えます。

ヤフオクだけではありません、iPhoneの新品、中古が買えるサイトは多数あります。高額のiPhone7やiPhone6S等は、〇のiPhoneを購入するべきです。