こんにちは!PMOパートナーズです。
もうそろそろ、学生さんは夏休みが目の前ですね!夏休みでの子供達は良いのですが、お母さんたちは、

毎日のご飯の支度(お昼ごはん)が大変になってしまいますね!

毎日暑い日が続いていますが、夏バテや熱中症に気を付けてまりましょう。

最近ネットでは、せどりについてアップされることが多くなりました。
アップされたせどり記事を見ると、せどりは、悪であると締めくくっている記事を多く見かけます。

個人的な考えでありますが、せどりは悪なのでしょうか?

安いところで仕入れ、高く売る!ことが悪というのでしょうか?

悪と全否定されている記事も見かけることがありますが、誰もが利用しているスーパーだってせどりに成り立っていると感じるのは私だけでしょうか?

安く仕入れて、高く売る、これ企業の基本中の基本ではないでしょうか?

せどりを否定すると言うことは、全ての日本国経済活動を否定すると同じことだと考えてしまったり・・・。

少し個人的な意見を書いてしまいましたが、iPhoneのせどりは可能であるのか?どうかについて書いていきたいと思います。

せどりが出来る条件を整理してみます。

ギャップがないとせどりが出来ないので、下記のギャプが発生するときにiPhoneでのせどりが可能となります。

●レア度が非常高いiPhone

●市場流通価格より安く手に入るルートを持っていること。

●レア度が非常高いiPhone

レア度が高いiPhoneと言えばもうお分かりですね!

そうです!新型iPhoneの発売瞬間のせどりです!

9月中旬ぐらいに新型iPhoneが発売予定でありますので、アップルストアでの購入を誰よりも早く購入して、転売をするというパターンです。
売れすぎてしまうことが事前に分る、在庫が切れてしまうことが予想されると差益を大きくなると推測出来ます。

今回9月に新しいiPhoneが発売されますから、きっとiPhoneせどりも参加する方が多くなると予想出来ますね!

突如として人気になるiPhoneシリーズもあります。

ドコモのiPhone5Cが突如として人気なったケースも過去にありますので、今後もそのような突如として人気化するiPhoneシリーズもあるかもしれないので常にiPhoneニュースを日々チェックすることも大切です。