こんにちは!PMOパートナーズです。

甲子園では、熱い戦いが行われている時期です!熱い戦いに期待したいです。この時期では、ベスト4が決まると思います。

本日は、≪ソフトバンク版iPhoneで通話もできる格安SIM登場≫を紹介していきたいと思います。

格安SIMでは、docomo端末、au端末で使用することが出来ていましたが、Softbank端末を利用できる格安SIMはありませんでした。

ここでポイントがあります。

音声通話が出来る格安SIMが出来るのです。

以前は、データSIMのみであったので画期的です。

また、ソフトバンクのSIMロックのかかったiPhonedでも大丈夫です。

ソフトバンクiPhoneでも格安SIMが使用できるのです。

日本通信の「b-mobile S スマホ電話SIM」サービスが8月16日より提供開始されました。

「b-mobile S スマホ電話SIM」は、ソフトバンクのiPhone 5以降のすべてのモデルに対応しており、このサービスを利用する事により、SIMロックを解除することなくソフトバンクのiPhoneを格安SIMで運用することができます。
ソフトバンクユーザーがSoftbank端末でMNPが可能となるのです。
気になるのは、月々の料金です。
月額基本料金は2,450~3,850円
月々のデータ通信量(1GB~5GB)に応じて変わってくる。
通話料金は5分まで無料(回数制限無し,専用アプリ「b-mobile電話」を使用)、5分経過後は30秒10円。SMSは受信時が無料、送信時が1通あたり3~30円。Webサイトの説明によると、最低利用期間と解約金は無し。
ソフトバンクにて契約するより、安くなっていますが、docomoやau等の格安SIM会社の通信会社より比べると高くなっていると感じます。
ただ、これで全てのキャリアで格安SIMが使用できる様になったことは素晴らしいことであると思います。
中古Softbank iPhone端末が今後の格安SIM利用状況に応じて価格が多少上昇する可能性もあると感じます。