みなさんいつも壊れたiPhone買い取りのご依頼有難うございます。

本日は、志向を変えまして、当社のホームページで一番アクセスが多いページをご紹介していきたいと思います。

やはりこのページが一番でした!

興味が一番あるページとも言えるでしょう!

「iPhone修理業・iPhone買取業は儲かるのか?」

とストレートな疑問を赤裸々に語るページです。

iPhone買取店やiPhone修理業店が身近になってきていることもあるのでしょう。また、ネットで検索するとフランチャイズサイトが多数ですし、副業として敷居が低いと判断される方も多いのでしょう。

一番、身近にあるスマホですから・・・業界の裏側や、本当のところはどうなっているのか?知っておきたいというのが本音なのでしょう。

iPhone修理業は利益率が高く、新たに参入するにも壁が低いこと、また万が一の時にでも撤退するときに経費が掛からないことからiPhone修理業が増え続けた理由とも言えるでしょう。

iPhone修理業を開業するにあたり、特段の免許・資格等はありませんが、総務省への修理業の届けが必要です。

iPhoneの修理業って!あなたの住んでいるところに、何店舗ぐらいあるでしょうか?私の住んでいる地域においても数えただけでも4店舗あります。

4店舗が多いのか?少ないのか?

どちらだと思いますか?本音を書いているページなので書いてしまいますが、多いと思います。

日本全国には、iPhoneを修理をする業者は、2016年4月時点で1600店舗を超えていて、パネルの値下げ競争が始まり値下げ競争も限界にきていると言われております。

今後のiPhone修理において、価格の安さを求めるだけでは自分の首をしめてしまうだけです。修理の付加価値をお客様に感じていただけなければ厳しい結果が待ち受けている世界です。

買取店はどうでしょうか?

こちらもiPhoneの修理と全く同じことが言えます。

買取価格を高くすればするほど、お客様は集まると単純に考えられます。高くすれば、薄利もしくはマイナスという事態も出てきます。

また、高く買うことが、iPhoneを売りたい!人とマッチングさせることが非常に大切であることは分かっているに、この出会うタイミングが難しいのです。

ですから、今後の買取においても付加価値や、買取業の信念が必要となってくると感じます。