みなさん~いつもお買い取りのご依頼有難うございます。

PMOパートナーズでございます。

ついにiPhone8が発売となり、新規や機種変更をする方も多いことと思います。今日は、iPhoneの下取りについて書いていきたいと思います。

下取りの方が得かのか?買取の方が得なのか?どちらが有利になるのか?

書いていきたいと思います。

今回は、docomoに焦点を当て書いてまります。

docomoのホームページからの抜粋です。

赤く下線を引いてました。

下取

液晶が割れていても下取りをしてくれるみたいです。
当店の買取価格をみてみましょう。

iPhone7 plus (GB数共通) 27,000円 買い取りしております。

iPhone7       22,000円

買い取りしております。

iPhone6S plus 14,000円

買い取りしております。

iPhone6S 12,000円 買い取りしております。

 iPhone7plusでは、docomoの下取り価格は、13,800円
PMOパートナーズの買取価格は、27,000円ですので差額は、なんと13,200円になります。
どちらが得なののか?見るだけも一目瞭然ですね!
また、下取りの条件をみていきましょう。
【下取り条件】
ドコモが販売したiPhoneの場合、下取り申込みする自回線の機種購入履歴に登録されており、その購入において不備・不正や機種購入代金の未払いがないこと。
・他社が販売したiPhoneの場合、以下条件を満たす必要があります
・下取り申込み機種が正規店で購入されたiPhoneであること
・新規契約(MNP含む)と同時に、ドコモのiPhone・iPad・スマートフォンやタブレット、ドコモ ケータイをご購入いただき、下取りのお申込みをいただくこと
・下取り申込み機種にネットワーク利用制限がかかっていないこと
・下取り申込み機種に故障、水濡れ、破損がなく、正常に動作すること
・下取り申込み機種に記録されているメモリ/データが消去できること(一切のデータはお客様ご自身の責任で消去していただきます)
改造していないこと
・お客様が下取り申込み機種の所有権を有していること
・電源ボタン・リアカバー・充電口のキャップ・電池・アンテナなど、購入時に本体に付属しているものについて紛失していないこと
docomoホームページより抜粋
簡単にいいますと、PMOパートナーにてiPhoneの買取りランクがありますが、iPhone B ランクのiPhoneは、docomoでは、下取りが不可となります。
docomoの場合ですと、機種代金から下取り代金を引くのであまりお買い得感が無いと思います。買い取りの場合ですと、常に現金になりますから、どんな物にも使えますね!
下取りと買取りを比べるのはナンセンスかもしれませんが、私なら断然買い取りを選択して、賢い現金をゲットします!
さあ、みなさんこれでも下取りを続けますか?
それとも買い取りを選択されますか?