こんばんは~PMOパートナーズ店長 大口です。
日々、買い取りのご依頼誠にありがとうございます。
そうですね~最近の出来事と言えば米大統領選挙においてトランプ氏が勝利し次期大統領に決定していいます。

金融市場においては、トランプラリーとなり日経平均株価が急上昇していると報じられています。

日経平均株価の上昇とiPhone価格は関係が無いだろうと思われてしまいますが、これが大いに関係するのです。

日経平均は、東京取引所に上場している指数であり、指数を構成している銘柄が値上がりしているので日経平均株価も上昇するのです。投資家のシェアですが外国人投資家が70%と言われておりますので外国人が株価を買っているのです。

また、OPECにおいても原油が8年ぶりに減産と報じられ、原油価格も上昇傾向にあり、来年は資源バブルになるとも言われています。

日本においても日清食品が滋賀県に新工場を460億円掛けて設立するとも報じられています。
大規模な設備投資です。設備投資の拡大は景気を上振れしてくれます。

iPhoneの製品部品を供給している会社は、日本も相当あります。アルプス電気や、田淵電機、シャープ、フォスター電機等です。

iPhoneは、世界中で販売されていることはご存知であると思います。

金融市場が上昇しますと、商品市場も上昇してくるのです。すべてのさや取引が出来る商品は値上がりします。別の言い方をすれば、インフレが起こりつつあるとも判断出来ます。

インフレになればiPhoneの部品も価格も上昇してまります。
iPhoneの急激な値上がりは無いですが、価格は高値で位置することが予想されるのです。
新品が高値で維持されていること、中古市場においても高値で取引がされると予想出来ます。

iPhoneの新品価格も、中古のiPhone価格も高値安定となるのです。

また、来年には、iPhone8が発売される予定です。
iPhone4から発売されて10年目~節目の年とも言われているので、iPhone8は相当気合が入ったiPhoneが発売されると思います。また、販売価格もそれなりに上昇してくるとも判断出来ますので、iPhoneの中古市場も今後は面白くなりそうと読みをしている店長です。

今後の動きに大注目です!世界の株価動向と、ともにiPhoneの価格動向を見守っていきましょう。

きっと株価が上がれば、買い取り価格も緩やかに上昇していくものなんです。