こんにちは!ご利用いただきまして有難うございます。
PMOパートナーズ店長 大口です。
先日、高校時代の同窓会がありまして、かなり飲んでしまったんです。
真っ直ぐに歩けない俗に言う千鳥足状態に~地元の駅に着きiPhoneでLINEでもとiPhoneを胸ポケットを探してみても見当たりません。カバンの中もチェックしますが・・・iPhoneが無いのです。

酔ってしまっから飲んだ居酒屋さんに置き忘れているのだろう!と勝手に判断し、駅の公衆電話から飲んだ居酒屋に電話をしてみました。
「忘れものでiPhoneはありませんか?」

「ありません・・・・えっ」

 

どうしよう?と感じてしまういますよね~かなり焦りも出てきます!
どうやって見つけようか?果たして見つかるのだろうか?となります。

これでもiPhone関連には詳しい物ですからね~こんな時はこれがメチャ使えます!

 

「iPhoneを探す」機能 

iPhoneを探すをONにするだけで使えます!
必要なものは、アップルIDとパスワードだけです。

アップルからのホームページから抜粋しますとこんな感じです。

「iPhone を探す」を使えば、Apple 製のデバイスをなくしたり盗まれたりしても、探して保護することができます。iCloud.com または「iPhone を探す」App にサインインするだけで、なくしたデバイスの位置を地図上で確認したり、音を鳴らして捜索に役立てたり、紛失モードを使ってデバイスをロックして場所を追跡したり、個人情報をすべてリモートから消去したりすることができます。

簡単に言うと、iPhoneを失くしても探すこと出来ます。どうしてか?というとPC操作が不可欠でありますが、iCloud.com  👈こちらをクリックすると表示されます。
iPhoneにはGPSが搭載されていて、iPhoneの電源が入っていればどこにiPhoneがあるか地図上で表示されるのです。また、iPhone自体に音を鳴らすことも可能になるので見つかり易くなるんです。

また、iPhoneが盗まれてしまった場合もiPhoneは、凄いです。
この技を知っていると知らないとでは雲泥の差となることは間違いありません。

紛失モードを選択すると、iPhoneが今ある場所が分りますが、iPhoneをロックして、連絡先の電話番号を入れたメッセージを表示させることも可能なんです。

見つけてくれた人が、iPhoneの情報にアクセスすることなく、ロック画面からあなたに電話をかけられるようになるんですよ。
%e7%84%a1%e9%a1%8c2222

私自身、「iPhone探す」機能をフル活用して落としてしまったiPhoneを探すことに成功しました。
パソコンからiCloudにサクセス!!すると地図が表示され飲んだ駅にiPhoneがあることが分り、駅に電話をしました。

「落とし物でiPhoneは届いていませんか?」
「色は、ゴールドでカバーは紫色なんですが・・・」

「今、iPhoneから音を出しているところなんですが・・・」

電話の先でiPhoneが鳴っていました。

やっぱりiPhoneって凄いですよね~忘れていたiPhoneが手元に戻ってくる訳ですから・・・。
iPhoneを拾ってくれた方に感謝ですね。

「iPhoneを探す」機能についてはよく分かっていただけたかと思います。
iPhoneを買い取りのご依頼の前に、「iPhoneを探す」をOFFにして下さい。ということも分っていただけかと思います。買取の際には、「iPhoneを探す」をOFFでお願い致します。

Web

減額は一切しておりません!他店徹底対抗買取価格!junk-iphone-junk.com/

banner1_2