iPhone修理業・iPhone買取業は儲かるのか?完全基礎講座③

第三回 『加盟金等を支払えば、iPhone修理業として儲かるのか?加盟金は回収できるのか?』
儲けの金額に対する個人差があることは、第二回でお知らせ致しました。
iPhone修理業のフランチャイズとして代理店として開業する場合を想定してみましょう。
会社名は記載しませんが、加盟金からiPhone修理研修、ホームページ作製まで行うとすると代理店になるには、200万円の加入金を求める本部もあります。どう思われますか?
初期投資200万円分を支払い、どれぐらいで回収が出来るのだろうか?と考えてしまうことがまず先に浮かんでくるのではないでしょうか?
一概には、私であれば「高すぎる」と判断しします。
何故なら、日本でのスマホ所有者の6割以上がiPhoneユーザーと言われています。
この6割ユーザーの故障・液晶割れ修理顧客を数千の修理店で奪い合う形になるのです。現状では、アップルケア、もしくは、キャリアの保証プランに加入するユーザーも多いのが実情であり、本部は絶対に口にしないことです。
アップルにおいても液晶割れ、一年以内であれば修理料金も格安になってきている背景もあります。壊れたiPhone(液晶画面)顧客を取り合うわけですから、その競争は熾烈なものになっていくのは誰でも想像が付きます。
読者のみなさまの自宅の周りにiPhone修理業者は何社ぐらいあるか?探して数えて下さい。
では、どれぐらいがiPhone修理業者のフランチャイズの適正価格なのでしょうか?
適正価格と一言では難しいですが、投下資金を回収出来る、出来そうな価格が良いフランチャイズ適正な価格とも判断出来、良心的な価格であるとすると約50万円から約20万円以内であると感じます。価格が良心的であっても、いろいろと制約がある場合が多々あるのです。
例えば、本部から全て修理部材(液晶パネル等、販促キット等)を購入しなければならない条件を提示してくるとこをもあります。
高ければ良いと言う訳でなく、どれだけ濃い内容のiPhone修理に対する業務を教えてくれる本部を探すかに限ります。
安くても一回だけで修理の実習をして、後は教えない、サポートが全く無い、ほったらかしの本部では意味がありませんので、加盟料を支払った後でも、トラブル等の相談までサポートしてくれる本部を探すことがiPhone修理業で儲かる第一歩です。
iPhoneでの修理で儲かるところは、本部だけである現状となっていると言っても過言ではありません。iPhoneの修理業で儲けるには、本音でなんでも相談出来る、はっきり意見を言ってくれる本部があれば良い本部ともいえるでしょう。
本部は、修理のノウハウ等を教えてくれます(有料ですが・・・)
お客様の集客方法については当たり前のことしか教えてくれません。
これを念頭に置いて対処することが良い方法であると思います。
PMOパートナーズでは、iPhoneの修理業・買取業務をこれからしたいと思っているあなたへ
加盟店に入ろうか?迷っている”!本当に儲かるのか?どれぐらい収益が上がるのだろうか?
加盟店の収益表示は本当なのだろうか?
全ての疑問や本音が聞きたいと思っている方のご要望にお応えします。
仕事やプライベートで問題やトラブルなどがあった時などは、法律の専門家(弁護士や司法書士さんに30分いくらという形式で、お金を払って相談に乗ってもらうことができます。
こうした形式であれば、お金をいただく立場の専門家は、その対価に答えるためしっかり相談に乗ってくれ、本音の部分や最適な解決方法などを提示してくれます。
ですが私たちのような業界では、30分いくらなどの形式はほとんどなく、iPhone修理業加盟店を探して相談するのが一般的です。
そこでiPhone修理業、買取業、販売 個人事業主であり、経験者、がカウンセリングという形式で相談に乗り、お客様に解決方法やアドバイスを行うことが確実で最適だと思い、サービスを提供しておりますので、大きな本部の前にご利用いただければ幸いでございます。
こちらをクリックしてください。(ご案内のページにリンクしています。)
第四回は『iPhone修理業の原価は?激安店の秘密を暴露』です。お楽しみに!!