第1回 ジャンクiPhoneの定義と買い取り先ジャンクiPhoneとは何か?

ジャンクiPhoneとは、新品のiPhoneや中古のiPhoneと同じように動作しない箇所が一箇所でも存在するiPhoneのことです。例えばヤフージャパンにおけるジャンクiPhone(スマートフォン)の定義は、

  1. ボタンが正常に動作しない
  2. タッチパネルが反応しない
  3. 液晶割れやドット抜けがない
  4. 充電に不具合がない
  5. 電話、通信が正常に行えない
  6. イヤホンやスピーカーから正常に音が出ない
  7. カメラで撮影ができない のいずれかひとつ以上に該当するiPhoneと明確に定められています。

ジャンクiPhoneの買い取り先は?

ジャンクiPhoneは修理に出すと高額な費用がかかり、そのまま廃棄されてしまうか、業者に買い取りを申し込むのが一般的です。しかし、スマホやガラケイなどの中古品をメインに扱っている販売業者に持ち込んでも、査定で大幅に減額されたり、タダみたいな買い取り価格しかつきません。ジャンクiPhoneを専門に扱う業者を賢く利用することで、オークションなどに自分で出品するよりも手間がかからず、さらに高額で買い取ってもらえる可能性が高くなります。ジャンクiPhone専門業者であれば、減額なし、提示した金額でそのまま買い取ってもらえるなんてこともあります。

私は、iPhone5を2年ほど使用していましたが、液晶割れが起こり、新品に交換するためにジャンク品でも高く買取してくれる業者を探していました。最初は高く売れないだろうと諦めていたのですが、最終的に希望していた金額で買い取ってもらえました。
液晶割れ、液晶漏れに限らず、水没や電源が入らないなどの重度なジャンクiPhoneから、コネクターや音量ボタンなどの不具合や汚れや傷が目立っていても、買取業者をうまく選ぶことで、高額で買い取ってもらえることがあります。

NTTドコモやKDDI、ソフトバンクの主要3キャリアに、直接ジャンクiPhoneの買い取りを申し込む方も多いかと思いますが、これはおすすめしません。キャリアではわずかな故障程度で買い取りを拒否され、廃棄をすすめられることが多いためです。ジャンクiPhoneを1円でも高く売りたいなら、買い取りは専門業者へ持ち込むようにしましょう。

ジャンクiPhone・減額なしで売りたいなら「junk-iphone-junk.com」

ジャンクiPhone買取完全講座一覧

第1回ジャンクiPhoneの定義と買い取り先
第2回 液晶割れジャンクiPhoneを提示している金額で買取ってもらう方法
第3回 ジャンクiPhoneが急増している2つの原因とは・・・
第4回 保証期間内でも高くつく? ジャンクiPhoneの修理費用
第5回 ジャンクiPhoneを無料で新品に交換してもらえる方法(裏技)
第6回 ジャンクiPhoneの直し方1 壊れたiPhoneの直し方おしえます!!
第7回 ジャンクiPhoneの直し方2 絶対為になるジャンクiPhone講座
第8回ジャンクiPhone 減額相場について
第9回 ジャンクiPhone 下取り相場について得する方を選択すべき。