第5回 ジャンクiPhoneを無料で新品に交換してもらえる方法(裏技)

壊れたiPhoneをタダで新品に交換してもらえる方法

前回も話したように、AppleCare+に加入していれば、故障したジャンクiPhoneでも、分解したり、脱獄iPhoneでなければ、液晶割れや水没などを含む故障を修理してもらえます。しかし、AppleCare+に加入していても、ほとんどの場合は有料での修理となります。
できればお金を払わずに、無料で、ジャンクiPhoneを新品に交換できたら、夢のような話しですよね。
今回は、自分のミスで故障してしまったiPhoneでも、さらに、AppleCare+に未加入であっても、新品のiPhoneに無料で交換してもらえる裏技を紹介したいと思います。
(この方法は実行厳禁です。あくまでも、こういうことをする悪質なユーザーがいるかもしれないという話のネタとしてお楽しみください)

iPhoneの持ち込み修理受付可能なアップル認定のサービスプロバイダーに持っていく

まず、ジャンクiPhone端末を、持ち込み修理を受け付けているアップル認定のお店に持っていきます。
アップル直営ではありませんが、正規にアップルから認定を受けているところなので、直営とほぼ変わらない修理対応の環境が整っています。

【iPhone】故障した時に対応してくれるお店情報【全国版】

ジャンクiPhoneの「初期不良」をアピールする

お店にiPhoneが故障したことを告げると、お店側が最初に調べるのは水漏れチェックです。
ここで水漏れ反応が出てしまうと、水漏れによる不具合という診断が下されることになり、今回の裏技は使えません。水漏れがないか、注意しておいてください。

水漏れをクリアすると、症状について訊ねてきます。そこで、購入した当初から「電源が落ちて困っていた。最近になってその頻度が高まってきた」と説明します。
また、オプション設定で「使用状況をアップルに送信する」はあらかじめオフにしておきます(重要)。
このようなハードウェアの初期不良のケースは、原因が追及しづらいため、新品交換対応になる場合が多いのです。ただ、アップル直営店では、なかなかハードの問題と認めたがらない傾向がありますので、よりハードルの低いサービスプロバイダーに持っていく点が、この裏技のポイントです。

ジャンクiPhone・減額なしで売りたいなら「junk-iphone-junk.com」

ジャンクiPhone買取完全講座一覧

第1回ジャンクiPhoneの定義と買い取り先
第2回 液晶割れジャンクiPhoneを提示している金額で買取ってもらう方法
第3回 ジャンクiPhoneが急増している2つの原因とは・・・
第4回 保証期間内でも高くつく? ジャンクiPhoneの修理費用
第5回 ジャンクiPhoneを無料で新品に交換してもらえる方法(裏技)
第6回 ジャンクiPhoneの直し方1 壊れたiPhoneの直し方おしえます!!
第7回 ジャンクiPhoneの直し方2 絶対為になるジャンクiPhone講座
第8回ジャンクiPhone 減額相場について
第9回 ジャンクiPhone 下取り相場について得する方を選択すべき。