第6回 ジャンクiPhoneの直し方 ①壊れたiPhoneの直し方おしえます!!

壊れたジャンクiPhoneの直し方おしえます!!

長年使っていたiPhoneには愛着が湧くものです。水没してしまったiPhone、液晶割れをしてしまったiPhoneなど、ジャンク化してしまったiPhoneをいつまでも処分できずに、なんとなく部屋の隅にねむらせていませんか?
壊れてしまったiPhoneは、何度も言うように一定の条件を満たした業者
第2回 参照)に、高額で買い取ってもらうのがベストです。
しかし、自分で直して、iPhoneを復活させられれば一番いいですよね。
今回からは、iPhoneの直し方についてお話ししたいと思います。

故障原因ナンバーワン・液晶割れiPhoneの直し方

iPhoneの故障原因でもっとも多い液晶割れ(フロントパネル・フロントガラスの破損)
液晶割れは自分で直せないと思っていませんか?液晶割れが起きても、デバイスの状態によっては、自分で修理できる可能性はあります。

まず、お手持ちのiPhoneの液晶が表示されているかを確認します。液晶はとても精密度の高い技術で作られていますので、一部でも割れてしまったら画面すべてが表示されなくなっているはずです。
もし表示されているなら液晶は問題ないことになります。
液晶がこの段階で表示されていないなら、液晶そのものが故障しているか、バックパネルの異常が考えられます。
液晶が表示されている場合、次に、タッチパネルの操作が行えるかをチェックしてみます。操作が行える場合は、割れた画面と液晶の間にあるタッチセンサーが有効ということになりますので、デバイスを覆っていたガラス部分のみを交換すれば直ります。
この場合は、修理キット(フロントパネル交換なら10000円前後)を購入すれば自分で直せます。
それなりの費用と手間はかかりますが、高額なメーカー修理に出すよりは安く直せるはずです。

リンゴループの直し方

iPhoneの液晶画面にリンゴマーク(アップルロゴ)が表示され続け、延々と再起動が繰り返されるという「リンゴループ」iOSのアップデート中に電源が切れたり、iOSの破損、脱獄(jailbreak)の失敗などで発生することが多いです。

この症状によってジャンクiPhoneになってしまった携帯の直し方を説明します。まず、iPhoneの電源を落とします⇒ 次に、ホームボタンを押した状態でiTunes(古いバージョンの場合は必ず最新のものに更新してください)をインストールしたPCに接続します。⇒ 「iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見つけました」といったメッセージが表示されればOK。あとは指示に従って操作すれば、アップルロゴのループから抜け出せます。

さらに続きもありますので~是非お楽しみに~

ジャンクiPhone・減額なしで売りたいなら「junk-iphone-junk.com」

ジャンクiPhone買取完全講座一覧

第1回ジャンクiPhoneの定義と買い取り先
第2回 液晶割れジャンクiPhoneを提示している金額で買取ってもらう方法
第3回 ジャンクiPhoneが急増している2つの原因とは・・・
第4回 保証期間内でも高くつく? ジャンクiPhoneの修理費用
第5回 ジャンクiPhoneを無料で新品に交換してもらえる方法(裏技)
第6回 ジャンクiPhoneの直し方1 壊れたiPhoneの直し方おしえます!!
第7回 ジャンクiPhoneの直し方2 絶対為になるジャンクiPhone講座
第8回ジャンクiPhone 減額相場について
第9回 ジャンクiPhone 下取り相場について得する方を選択すべき。