第8回 ジャンクiPhone 減額相場について

ジャンクiPhoneでも付属品の有無は減額対象に液晶割れを起こしているiPhoneなど、壊れたiPhoneを業者に買い取ってもらう場合、ジャンク品であっても付属品が揃っているか、いないかでは、査定金額が大きく変わってきます。

付属品が欠品していても減額なしで買い取ってくれる業者もありますが、一般的な買い取り業者であれば、内箱の欠品で500円、説明書の欠品で500円、外箱の欠品で1000円、USBケーブルの欠品で2500円、電源用アダプターの欠品で3000円程度、減額されてしまうようです。

付属品はそれぞれ単体でも高く売れますので、減額される金額と、それぞれの買い取り相場を照らし合わせて、セットにして買い取ってもらった方がいいものを組み合わせて、買い取りの申し込みをするようにします。

端末の傷はどれくらいの減額になるか?

一般的な買い取り業者の場合、iPhone本体に傷があると、ジャンクiPhoneでも減額対象になってしまいます。
傷は、端末の背面や側面にあるものは1000~2000円程度の減額ですみます。
しかし、液晶のガラス画面にあると大幅に減額されてしまいます。その額は小さな傷だと2000~3000円、目立つ大きな傷や複数にわたってある場合は5000円以上の減額になります。傷は自分で修復することが難しいため、一般的な買い取り業者の場合に申し込む場合は、この部分の減額はあきらめるしかありません。

端末の色によっても減額される!!

iPhoneのカラーによっても、一般的な買い取り業者の場合は減額対象にさせられてしまいます。
ゴールドやピンクといった出荷台数が少ないiPhoneは、買い取り価格が高くなります。
一方、ブラックやシルバーといった無難な色のiPhoneは販売数が多く、広く市場に出回っていることから減額対象になります。一般的な買い取り業者の場合、3000~7000円は減額されてしまうようです。

ジャンクiPhone・減額なしで売りたいなら「junk-iphone-junk.com」

ジャンクiPhone買取完全講座一覧

第1回ジャンクiPhoneの定義と買い取り先
第2回 液晶割れジャンクiPhoneを提示している金額で買取ってもらう方法
第3回 ジャンクiPhoneが急増している2つの原因とは・・・
第4回 保証期間内でも高くつく? ジャンクiPhoneの修理費用
第5回 ジャンクiPhoneを無料で新品に交換してもらえる方法(裏技)
第6回 ジャンクiPhoneの直し方1 壊れたiPhoneの直し方おしえます!!
第7回 ジャンクiPhoneの直し方2 絶対為になるジャンクiPhone講座
第8回ジャンクiPhone 減額相場について
第9回 ジャンクiPhone 下取り相場について得する方を選択すべき。