第9回 ジャンクiPhone 下取り相場について得する方を選択すべき

キャリアの下取りについて考えていきましょう。今回はdocomoを例にとって掲載してみます。

液晶が割れてしまっているiPhoneもしくは、アクティベーションされたiPhoneをDoCoMoショップにおいて下取りしてくれます。

DoCoMoホームページに下取り条件についてありましたので、転記してみます。

  • 正規店で購入されたiPhoneであり、その購入において不備・不正や電話機購入代金の未払いがないこと
  • 申込みiPhoneに故障、水濡れ、破損がなく、正常に動作すること
  • 申込みiPhoneに記録されているメモリ/データが消去できること(一切のデータはお客様ご自身の責任で消去していただきます)
  • 改造していないこと
  • 申込み者が申込みiPhoneの所有権を有していること
  • iPhoneのアクティベーションロックを含む、各種ロックが解除できること
  • 電源ボタン・リアカバー・充電口のキャップ・電池・アンテナなど、購入時に本体に付属しているものについて紛失していないこと
  • 他社対象機種の下取りについては、当社販売機種のご購入1台につき、ご購入翌月末までに1台を下取り可能とすること
  • 他社対象機種の下取りについては、前回の下取りプログラム受付から3か月以上経過していること(前回の下取り対象機種は、当社・他社販売機種を問いません)

【DoCoMoホームページより抜粋】

iPhone液晶が割れていても下取りは可能です。

条件がありますので簡単にまとめてみます。

iPhoneの液晶が割れていても、水没が無く、iPhoneのアクティベーションロックを含む、各種ロック解除が出来ていること。

これが条件となります。こでないと下取りが出来ません。

下取り価格はどうなのでしょうか?

下取り対象機種 下取り価格
iPhone 6s Plus  
(16GB/32GB/64GB/128GB) 画面割れ品 9,000
iPhone 6s  
(16GB/32GB/64GB/128GB) 画面割れ品 8,100
iPhone 6 Plus  
(16GB/64GB/128GB) 画面割れ品 7,500
iPhone 6  
(16GB/64GB/128GB) 画面割れ品 6,600
iPhone 5s  
(16GB/32GB/64GB) 画面割れ品 6,600
iPhone 5c  
(16GB/32GB) 画面割れ品 1,800

 

この下取り価格で満足出来るか?どうか?あなたの判断となります。

私であれば、下取りに出さずにジャンク専門買取店に依頼をします。なぜなら買取であれば現金で受け取ることが可能でありますし、下取りよりも買取の方が高いので買取を選択します。

ジャンクiPhone・減額なしで売りたいなら「junk-iphone-junk.com」

topbn002

ジャンクiPhone買取完全講座一覧

第1回ジャンクiPhoneの定義と買い取り先
第2回 液晶割れジャンクiPhoneを提示している金額で買取ってもらう方法
第3回 ジャンクiPhoneが急増している2つの原因とは・・・
第4回 保証期間内でも高くつく? ジャンクiPhoneの修理費用
第5回 ジャンクiPhoneを無料で新品に交換してもらえる方法(裏技)
第6回 ジャンクiPhoneの直し方1 壊れたiPhoneの直し方おしえます!!
第7回 ジャンクiPhoneの直し方2 絶対為になるジャンクiPhone講座
第8回ジャンクiPhone 減額相場について
第9回 ジャンクiPhone 下取り相場について得する方を選択すべき。