ジャンクバナー

ネットiPhone買い取りに何故?本人確認書類が強化されたのか?

By | 2019年 9月 14日|

台風15号の影響により被災された市民、事業所の皆様に心よりお見舞い申し上げます。 本当に大変だと思いますが、なんとか一日でも早く復旧することをお祈り申し上げます。 新しいiphoneも発表されました。10月から電波法も改正されスマホ割引きが上限2万円までとなり、今までの様な一括0円販売が禁止となります。駆け込みとしてiPhone8が一括1円であるとか、大手電機販売で販売されているようです。キャリア側もなんとか販売状況をなんとかしようと、iphone11が半額になるようにどうにか?販売方法を模索していて、ここ数日の間にプランが発表されていますね。 今日の本題に移りましょう。 当社でも7月からネットでの買い取り、非対面買取になる訳ですが、何故?本人確認書類が強化されたのでしょうか? さかのぼりますと、古物営業法の一部が改正されたのは、平成30年10月24日に施行されました。 こんな感じです。 インターネット利用やFAX、電話による受付など、取引相手と対面しないで古物の買い受け等を行う(非対面取引)場合、相手が申し立てた住所、氏名等が真正なものであるか、「なりすまし」ではないか、を確認する必要があり、そのための措置が古物営業法第15条第1項第3号、古物営業法規則第15条第3項第1号から第9号、第11号から第13号で規定されています。 またこれを怠ると違反となり、処罰されることがありますし、盗品の処分先として利用された場合は、皆さん自身も損害を被ることがあります。 【罰則】 法第33条第1号、第36条 6月以下の懲役又は30万円以下の罰金・併科 免許証等のコピーを送ってもらうだけでは違反です。 1万円未満であっても、18歳未満からの買取りでないことを確認する必要があります。 法人相手の取引であっても、法人の取引担当者の住所、氏名、年齢、職業を確認しなければなりません。 オークションサイトやフリマサイト等において1万円以上の古物(バイク、ゲームソフト、映画や音楽を記録したCD・DVD等、書籍に関しては1万円未満でも対象となります。)を買い受ける場合も、その都度、下記いずれかの方法で相手方の身分確認をする必要があります。 1 相手方から電子署名を行ったメールの送信を受けること(法第15条第1項第3号) 電子署名・電子認証ホームページ(総務省) 2 相手方から地方公共団体情報システム機構が発行した電子証明書と電子署名を行った住所、氏名、職業及び年齢に係る電磁的記録の提供を受けること(規則第15条第3項第11号) 例 相手方が古物商のホームページの中古品の買取申請に係る電子署名を用いて申請様式に必要事項氏名、住所、職業、年齢)を記入させ、売主の秘密鍵が格納されたマイナンバーカードをパソコンに接続されたカードリーダにセットし、秘密鍵を使用するためのパスワードを入力し、申請様式の電子署名に係る当該箇所をクリックさせ、古物商に送信させ確認する(注記1)。 注記1 古物商の確認方法 システム上電子証明書の有効性を確認する。 電子証明書の公開鍵で電子署名を複合し、申請書と照合する。 電子証明書の氏名等と申請書の氏名等を目視で確認する。 この方式を行うことができる古物商は、総務大臣が認定した署名検証者に限られます。 3 相手方から特定認証業務を行う署名検証者が発行した電子証明書と電子署名を行った住所、氏名、職業及び年齢に係る電磁的記録の提供を受けること(規則第15条第3項第12号) 例 相手方が古物商のホームページの中古品買取申請に係る電子署名を用いて申請様式に必要事項(氏名、住所、職業、年齢)を記入させ、売主の秘密鍵を格納させたICカードをパソコンに接続させたカードリーダにセットし、秘密鍵を使用するための該当箇所をクリックさせ、古物商に送信させ古物商が確認する。 4 相手方から印鑑登録証明書及び登録した印鑑を押印した書面(注記1)の送付を受けること(規則第15条第3項第1号) 併せて相手方からその住所、氏名、職業、年齢の申出を受けなければなりません。 例 品物と一緒に、押印した申込書、押印した印の印鑑登録証明書を送付してもらう。 注記1 書面には制限がなく買取り申込書、査定申込書等のほか、印影以外の文字等が記載されていないものでも良いものです。 5 古物商が相手方に対して本人限定受取郵便等(注記1)を送付して、その到達を確かめること(注記2)。(規則第15条第3項第2号) 併せて相手方からその住所、氏名、職業、年齢の申出を受けなければなりません。 例 申込書と品物を送ってもらったら、相手に、本人限定受取郵便で見積書を送付し、受け取った相手から連絡(メールでも電話でも可)をもらう。 注記1 郵便局が行う本人限定受取郵便のほか、信書便事業者が身分証明書等の提示を受けて名宛人本人であることを確認した上で、本人に配達する信書便物のことです。単なる宅配便は、これには当たりません。 本人限定受取とは(日本郵便HP) 注記2 「到達を確める」の方法としては、以下のものがあります。 送付した本人限定受取郵便物等(簡易書留等による場合の到達確認も同様。以下同じ。)を古物と同封させて返送させる方法 本人限定受取郵便物等により受付票等を送付し、当該受付票等を古物と同封させて返送させる方法 本人限定受取郵便物等に受付番号を記載して送付し当該受付番号等を相手方から電話、電子メール等により連絡させる方法 本人限定受取郵便物等で往復葉書を送付し、その返信部を相手方から送付させる方法 本人限定受取郵便物等で梱包材を送付し、その梱包材に梱包して古物を送付させる方法(古物商が送付した梱包材と相手方から送付を受けた古物の梱包材との同一性が判断できるように、自社専用で第三者が入手できない梱包材を使用する。梱包材に個別の番号を付しておくなどの措置が必要です。) 6 古物商が相手方に対して本人限定受取郵便等(注記1)により古物の代金を送付する契約を結ぶこと(注記2)(規則第15条第3項第3号) 併せて相手方からその住所、氏名、職業、年齢の申出を受けなければなりません。 例 代金の支払いを本人限定受取郵便で現金書留で行う。 注記1 郵便局が行う本人限定受取郵便のほか、信書便事業者が身分証明書等の提示を受けて名宛人本人であることを確認した上で、本人に配達する信書便物のことです。単なる宅配便は、これには当たりません。 注記2 合意された方法により実際に支払いが行われることを前提としているので、古物商が当該合意と異なる方法により代金を支払う場合には、改めて売主の真偽を確かめる措置が必要となります。 7 相手方から住民票の写し等(「写し」とは、コピーのことではありません。「住民票の記載事項証明書」、「戸籍謄本・抄本」、「印鑑登録証明書」など市区町村の窓口で取った各種証明書のことです。)の送付を受け、そこに記載された住所宛に簡易書留等(注記1)を転送しない取扱いで送付して、その到達を確かめる(注記2)こと。(規則第15条第3項第4号) 併せて相手方からその住所、氏名、職業、年齢の申出を受けなければなりません。 住民票の写しは、個人番号が記載されていないものを使用してください。 例 住民票と品物を送ってもらったら、転送しない取扱いで簡易書留で見積書を送りその連絡をもらう。 注記1 簡易書留等とは、従来は配達記録郵便等となっていましたが、配達記録郵便が廃止されたことから、「簡易書留」とすることが必要です。配達した相手先に届けて、受領印をもらい、配達記録が残るものであれば、他の業者のサービスでも可能です。営業所留めで受け取れたり、集合ポストに配達する、お隣に預ける等のものは、これに当たりません。また「特定記録郵便」は、発信記録のみで、受領記録が残らないため、これには当たりませんので注意してください。 注記2 「到達を確める」の方法としては、以下のものがあります。 送付した本人限定受取郵便物等(簡易書留等による場合の到達確認も同様。以下同じ。)を古物と同封させて返送させる方法 本人限定受取郵便物等により受付票等を送付し、当該受付票等を古物と同封させて返送させる方法 本人限定受取郵便物等に受付番号を記載して送付し当該受付番号等を相手方から電話、電子メール等により連絡させる方法 本人限定受取郵便物等で往復葉書を送付し、その返信部を相手方から送付させる方法 本人限定受取郵便物等で梱包材を送付し、その梱包材に梱包して古物を送付させる方法(古物商が送付した梱包材と相手方から送付を受けた古物の梱包材との同一性が判断できるように、自社専用で第三者が入手できない梱包材を使用する。梱包材に個別の番号を付しておくなどの措置が必要です。) 8 古物商が相手方から住民票の写し等(「写し」とは、コピーのことではありません。「住民票の記載事項証明書」、「戸籍謄本・抄本」、「印鑑登録証明書」など市区町村の窓口で取った各種証明書のことです。)の送付を受け、そこに記載された本人名義の預貯金口座等(預貯金口座又は郵便振替口座)(注記1)に古物の代金を入金する契約を結ぶこと。(規則第15条第3項第6号) 併せて相手方からその住所、氏名、職業、年齢の申出を受けなければなりません。 例 住民票と品物を送ってもらったら、住民票と同じ名前の口座に代金を振り込む。 例 法人の取引担当者の住民票の写し等と品物の送付を受けるとともに、法人の登記事項証明書及び取引担当者が法人の取引を担当している旨を記載した委任状等の送付を受け、同法人名義の預貯金口座に代金を振り込む。 注記1 口座振替の方法をとる場合、振替先の預貯金口座等の名義を古物商が了知していなければなりません。一般的な口座振替依頼書では、振替先の預貯金口座等の名義まで記載されていない場合もあるので、そのような場合には、当該預貯金口座等が開設されている金融機関に問い合わせるなどしてその名義を把握する必要があります。 9 相手方から身分証明書、運転免許証、国民健康保険被保険者証等のコピー(注記1)の送付を受け、そこに記載された住所宛に簡易書留等(注記2)を転送しない取扱いで送付して、その到達を確かめ(注記3)、併せてそのコピーに記載された本人の名義の預貯金口座等(預貯金口座又は郵便振替口座)に古物の代金を入金する契約を結ぶこと(そのコピーを取引の記録とともに保存することとする。)(規則第15条第3項第7号) 併せて相手方からその住所、氏名、職業、年齢の申出を受けなければなりません。 例 免許証のコピーと品物を送ってもらい、見積書を転送しない取扱いで簡易書留で送り、相手から連絡をもらって、その名義の口座に代金を振り込む。 例 デジタルカメラや携帯電話のカメラ機能で撮影した免許証などの本人確認書類の画像をメールに添付して貰って相手方から申込みを受け、古物商がその住所、名前に当てて、宅配業者の集荷サービスによる集荷を依頼(注記4)し、その住所、名前の者から集荷が行われたことを確認した上で、その者の名義の口座に代金を振り込む。 注記1 コピー等には、免許証等のコピーのほか、コピーと同程度に鮮明で住所、氏名等の記載内容が読み取れるのであれば、写真画像やスキャナーで取り込んだもののデータファイル、それを印刷した物も含まれます。 注記2 簡易書留等とは、従来は配達記録郵便等となっていましたが、配達記録郵便が廃止されたことから、「簡易書留」とすることが必要です。配達した相手先に届けて、受領印をもらい、配達記録が残るものであれば、他の業者のサービスでも可能です。営業所留めで受け取れたり、集合ポストに配達する、お隣に預ける等のものは、これに当たりません。また「特定記録郵便」は、発信記録のみで、受領記録が残らないため、これには当たりませんので注意してください。 注記3 「到達を確める」の方法としては、以下のものがあります。 送付した本人限定受取郵便物等(簡易書留等による場合の到達確認も同様。以下同じ。)を古物と同封させて返送させる方法 [...]

本人確認方法変更についてのお知らせ

By | 2019年 9月 14日|

古物商法が改正されたことに伴い、本人確認方法を変更となっております。 免許証、保険証のコピーのみだけでは、買い取りが出来ません。 下記の本人確認書類が必要となりますのでご理解いただきますようお願い申し上げます。 (どれか一つ必要となります) 住民票の写し等(「写し」とは、コピーのことではありません。(原本となります。) 「住民票の記載事項証明書」 「戸籍謄本・抄本」 「印鑑登録証明書」 と一緒に、壊れたiPhoneと買取申込書をPMOパートナーズまでお送り下さい。(着払い可能です) 郵便番号 344-0011 埼玉県春日部市藤塚 2171-387 PMOパートナーズ 住民票、印鑑証明に、記載された本人名義の預貯金口座等(預貯金口座又は郵便振替口座)のみのお振込みとなります。

非対面取引における確認の方法 古物営業法が改正されました。

By | 2019年 7月 13日|

こんにちは。 PMOパートナーズでございます。突然は、ありますが古物営業法が改正されました。さらに規制が強化されております。 インターネット利用やFAX、電話による受付など、取引相手と対面しないで古物の買い受け等を行う(非対面取引)場合、相手が申し立てた住所、氏名等が真正なものであるか、「なりすまし」ではないか、を確認する必要があるとのことです。 PMOパートナーズもコンプライアンスを重んじており、順守してまります。 免許証等のコピーだけでは、違反に該当してしまうことになりますので、当社では、相手方から住民票の写し等(「写し」とは、コピーのことではありません。「住民票の記載事項証明書」、「戸籍謄本・抄本」、「印鑑登録証明書」など市区町村の窓口で取った各種証明書のことです。)の送付を受け、そこに記載された本人名義の預貯金口座等(預貯金口座又は郵便振替口座)(注記1)に古物の代金を入金する契約を結ぶこと。(規則第15条第3項第6号) 併せて相手方からその住所、氏名、職業、年齢の申出を受けなければなりません。 例 住民票と品物を送ってもらったら、住民票と同じ名前の口座に代金を振り込む。 例 法人の取引担当者の住民票の写し等と品物の送付を受けるとともに、法人の登記事項証明書及び取引担当者が法人の取引を担当している旨を記載した委任状等の送付を受け、同法人名義の預貯金口座に代金を振り込む。 ------------------ インターネット利用やFAX、電話による受付など、取引相手と対面しないで古物の買い受け等を行う(非対面取引)場合、相手が申し立てた住所、氏名等が真正なものであるか、「なりすまし」ではないか、を確認する必要があり、そのための措置が古物営業法第15条第1項第3号、古物営業法規則第15条第3項第1号から第9号、第11号から第13号で規定されています。 またこれを怠ると違反となり、処罰されることがありますし、盗品の処分先として利用された場合は、皆さん自身も損害を被ることがあります。 【罰則】 法第33条第1号、第36条 6月以下の懲役又は30万円以下の罰金・併科 免許証等のコピーを送ってもらうだけでは違反です。 1万円未満であっても、18歳未満からの買取りでないことを確認する必要があります。 法人相手の取引であっても、法人の取引担当者の住所、氏名、年齢、職業を確認しなければなりません。 オークションサイトやフリマサイト等において1万円以上の古物(バイク、ゲームソフト、映画や音楽を記録したCD・DVD等、書籍に関しては1万円未満でも対象となります。)を買い受ける場合も、その都度、下記いずれかの方法で相手方の身分確認をする必要があります。 1 相手方から電子署名を行ったメールの送信を受けること(法第15条第1項第3号) 電子署名・電子認証ホームページ(総務省) 2 相手方から地方公共団体情報システム機構が発行した電子証明書と電子署名を行った住所、氏名、職業及び年齢に係る電磁的記録の提供を受けること(規則第15条第3項第11号) 例 相手方が古物商のホームページの中古品の買取申請に係る電子署名を用いて申請様式に必要事項氏名、住所、職業、年齢)を記入させ、売主の秘密鍵が格納されたマイナンバーカードをパソコンに接続されたカードリーダにセットし、秘密鍵を使用するためのパスワードを入力し、申請様式の電子署名に係る当該箇所をクリックさせ、古物商に送信させ確認する(注記1)。 注記1 古物商の確認方法 システム上電子証明書の有効性を確認する。 電子証明書の公開鍵で電子署名を複合し、申請書と照合する。 電子証明書の氏名等と申請書の氏名等を目視で確認する。 この方式を行うことができる古物商は、総務大臣が認定した署名検証者に限られます。 3 相手方から特定認証業務を行う署名検証者が発行した電子証明書と電子署名を行った住所、氏名、職業及び年齢に係る電磁的記録の提供を受けること(規則第15条第3項第12号) 例 相手方が古物商のホームページの中古品買取申請に係る電子署名を用いて申請様式に必要事項(氏名、住所、職業、年齢)を記入させ、売主の秘密鍵を格納させたICカードをパソコンに接続させたカードリーダにセットし、秘密鍵を使用するための該当箇所をクリックさせ、古物商に送信させ古物商が確認する。 4 相手方から印鑑登録証明書及び登録した印鑑を押印した書面(注記1)の送付を受けること(規則第15条第3項第1号) 併せて相手方からその住所、氏名、職業、年齢の申出を受けなければなりません。 例 品物と一緒に、押印した申込書、押印した印の印鑑登録証明書を送付してもらう。 注記1 書面には制限がなく買取り申込書、査定申込書等のほか、印影以外の文字等が記載されていないものでも良いものです。 5 古物商が相手方に対して本人限定受取郵便等(注記1)を送付して、その到達を確かめること(注記2)。(規則第15条第3項第2号) 併せて相手方からその住所、氏名、職業、年齢の申出を受けなければなりません。 例 申込書と品物を送ってもらったら、相手に、本人限定受取郵便で見積書を送付し、受け取った相手から連絡(メールでも電話でも可)をもらう。 注記1 郵便局が行う本人限定受取郵便のほか、信書便事業者が身分証明書等の提示を受けて名宛人本人であることを確認した上で、本人に配達する信書便物のことです。単なる宅配便は、これには当たりません。 本人限定受取とは(日本郵便HP) 注記2 「到達を確める」の方法としては、以下のものがあります。 送付した本人限定受取郵便物等(簡易書留等による場合の到達確認も同様。以下同じ。)を古物と同封させて返送させる方法 本人限定受取郵便物等により受付票等を送付し、当該受付票等を古物と同封させて返送させる方法 本人限定受取郵便物等に受付番号を記載して送付し当該受付番号等を相手方から電話、電子メール等により連絡させる方法 本人限定受取郵便物等で往復葉書を送付し、その返信部を相手方から送付させる方法 本人限定受取郵便物等で梱包材を送付し、その梱包材に梱包して古物を送付させる方法(古物商が送付した梱包材と相手方から送付を受けた古物の梱包材との同一性が判断できるように、自社専用で第三者が入手できない梱包材を使用する。梱包材に個別の番号を付しておくなどの措置が必要です。) 6 古物商が相手方に対して本人限定受取郵便等(注記1)により古物の代金を送付する契約を結ぶこと(注記2)(規則第15条第3項第3号) 併せて相手方からその住所、氏名、職業、年齢の申出を受けなければなりません。 例 代金の支払いを本人限定受取郵便で現金書留で行う。 注記1 郵便局が行う本人限定受取郵便のほか、信書便事業者が身分証明書等の提示を受けて名宛人本人であることを確認した上で、本人に配達する信書便物のことです。単なる宅配便は、これには当たりません。 注記2 合意された方法により実際に支払いが行われることを前提としているので、古物商が当該合意と異なる方法により代金を支払う場合には、改めて売主の真偽を確かめる措置が必要となります。 7 相手方から住民票の写し等(「写し」とは、コピーのことではありません。「住民票の記載事項証明書」、「戸籍謄本・抄本」、「印鑑登録証明書」など市区町村の窓口で取った各種証明書のことです。)の送付を受け、そこに記載された住所宛に簡易書留等(注記1)を転送しない取扱いで送付して、その到達を確かめる(注記2)こと。(規則第15条第3項第4号) 併せて相手方からその住所、氏名、職業、年齢の申出を受けなければなりません。 住民票の写しは、個人番号が記載されていないものを使用してください。 例 住民票と品物を送ってもらったら、転送しない取扱いで簡易書留で見積書を送りその連絡をもらう。 注記1 簡易書留等とは、従来は配達記録郵便等となっていましたが、配達記録郵便が廃止されたことから、「簡易書留」とすることが必要です。配達した相手先に届けて、受領印をもらい、配達記録が残るものであれば、他の業者のサービスでも可能です。営業所留めで受け取れたり、集合ポストに配達する、お隣に預ける等のものは、これに当たりません。また「特定記録郵便」は、発信記録のみで、受領記録が残らないため、これには当たりませんので注意してください。 注記2 「到達を確める」の方法としては、以下のものがあります。 送付した本人限定受取郵便物等(簡易書留等による場合の到達確認も同様。以下同じ。)を古物と同封させて返送させる方法 本人限定受取郵便物等により受付票等を送付し、当該受付票等を古物と同封させて返送させる方法 本人限定受取郵便物等に受付番号を記載して送付し当該受付番号等を相手方から電話、電子メール等により連絡させる方法 本人限定受取郵便物等で往復葉書を送付し、その返信部を相手方から送付させる方法 本人限定受取郵便物等で梱包材を送付し、その梱包材に梱包して古物を送付させる方法(古物商が送付した梱包材と相手方から送付を受けた古物の梱包材との同一性が判断できるように、自社専用で第三者が入手できない梱包材を使用する。梱包材に個別の番号を付しておくなどの措置が必要です。) 8 古物商が相手方から住民票の写し等(「写し」とは、コピーのことではありません。「住民票の記載事項証明書」、「戸籍謄本・抄本」、「印鑑登録証明書」など市区町村の窓口で取った各種証明書のことです。)の送付を受け、そこに記載された本人名義の預貯金口座等(預貯金口座又は郵便振替口座)(注記1)に古物の代金を入金する契約を結ぶこと。(規則第15条第3項第6号) 併せて相手方からその住所、氏名、職業、年齢の申出を受けなければなりません。 例 住民票と品物を送ってもらったら、住民票と同じ名前の口座に代金を振り込む。 例 法人の取引担当者の住民票の写し等と品物の送付を受けるとともに、法人の登記事項証明書及び取引担当者が法人の取引を担当している旨を記載した委任状等の送付を受け、同法人名義の預貯金口座に代金を振り込む。 注記1 口座振替の方法をとる場合、振替先の預貯金口座等の名義を古物商が了知していなければなりません。一般的な口座振替依頼書では、振替先の預貯金口座等の名義まで記載されていない場合もあるので、そのような場合には、当該預貯金口座等が開設されている金融機関に問い合わせるなどしてその名義を把握する必要があります。 9 相手方から身分証明書、運転免許証、国民健康保険被保険者証等のコピー(注記1)の送付を受け、そこに記載された住所宛に簡易書留等(注記2)を転送しない取扱いで送付して、その到達を確かめ(注記3)、併せてそのコピーに記載された本人の名義の預貯金口座等(預貯金口座又は郵便振替口座)に古物の代金を入金する契約を結ぶこと(そのコピーを取引の記録とともに保存することとする。)(規則第15条第3項第7号) 併せて相手方からその住所、氏名、職業、年齢の申出を受けなければなりません。 例 免許証のコピーと品物を送ってもらい、見積書を転送しない取扱いで簡易書留で送り、相手から連絡をもらって、その名義の口座に代金を振り込む。 例 デジタルカメラや携帯電話のカメラ機能で撮影した免許証などの本人確認書類の画像をメールに添付して貰って相手方から申込みを受け、古物商がその住所、名前に当てて、宅配業者の集荷サービスによる集荷を依頼(注記4)し、その住所、名前の者から集荷が行われたことを確認した上で、その者の名義の口座に代金を振り込む。 注記1 コピー等には、免許証等のコピーのほか、コピーと同程度に鮮明で住所、氏名等の記載内容が読み取れるのであれば、写真画像やスキャナーで取り込んだもののデータファイル、それを印刷した物も含まれます。 注記2 [...]

買取価格変更のお知らせ

By | 2019年 4月 13日|

2019年4月13日 買取価格を変更致しました。 他店様徹底対抗買取価格に変更致しました。 特段買取価格を変更したiPhoneは、Aランク買取を強化しておりますので、買い取り価格も他店様より対抗価格としております。

壊れたiPhone買い取ります。PMOパートナーズでございます。

By | 2019年 2月 9日|

こんにちは!!PMOパートナーズでございます。 インフルインザが蔓延していますね~気を付けていても発病してしまうこの時期です。私なんで手洗い、マスクも欠かさずに付けていますがインフルになってしまい高熱が出てしまったです。なかなか熱が下がらずiPhoneで動画を見てばかり過ごしてなんとか復活しました。みなさんも気を付けましょう。 今日は、「PMOパートナーズが選ばれている理由」につい書いてきたいと思いますので最後まで御覧戴けましたら幸いです。 iPhoneを落としてしまい液晶画面が大きく割れてしまった時、iPhoneが故障してしまったどうしたら良いのか? また、壊れたiPhone買取金額が低額買取になっている買取店が多くあったと感じたからです。 iPhoneを落としてしまい液晶が割れてしまった!! 解決方法をご提案しておりますので、お役に立てると思います。 3つの解決方法があるのでご紹介してまります。 ①割れてしまったiPhoneの液晶を修理する方法 ●Appleに修理を依頼する方法 【良い点】 安心感があります。 修理再生品が配送されます。 【悪い点】 データが完全リセットされてしまうのでバックアップが必須となる。 工場出荷状態となってしまうため、全ての写真、電話番号などは消えてしまう。修理まで時間を要する。 自己都合での故障ですと有料になるケースが多い。 1年以内なら無償修理となるが、一年を超えてしまうとアップルケアに加入していないと高い修理代金となってしまう。 ●街中のiPhone修理店に依頼する方法! 【良い点】 その日に修理が完了します。 データがリセットされないので、修理をしてもそのまま使用可能です。 修理料金が安い。 【悪い点】 基盤修理は、通常のお店では対応しておりせんので、液晶を交換して修理をしたが、電源が入らないケースも多々あります。 街中の修理店に依頼し、修理をした場合には、今後Apple正規店での修理が受け付けてくれないケースがあります。 修理を依頼したものの、修理をしたことがきっかけとなりiPhoneに負荷が掛かってしまい電源すら付かなくなる可能性もある。 ②docomo、au、Softbankでの機種変更もしくは、MNPをする方法! 壊れてしまったiPhoneをそのままに、分割払いが残っていながらも新しいiPhoneに機種変更をすると、毎月の通信会社に支払料金が大きくなってしまい、あまりお勧めは出来ません。 MNPを考えてみましょう。 キャッシュバックが盛り盛り時代であれば可能でありましが、現在ではiPhoneでのキャッシュバックが無くなってしまい、2年縛りもあり更新月でないと違約金とMNP手数料も取られる上に、使っていた通信会社で分割支払いを選択していると費用ばかり掛かりますのでお勧めは出来ません。画面が割れていると下取りも可能ではありますが、下取りか価格が低下していまいます。 ③壊れたiPhoneを買い取りしてもらう方法!! ③の方法をご提案していきたいのです。 この方法壊れたiPhoneを買い取りしてもらうことを知っていただきたいのです。 iPhoneは世界で一番人気の高いスマートフォンです。 一番世界で使われているスマホはiPhoneと言って良いでしょう。 iPhoneは、故障した状態であったも中古部品、壊れた部品として流通しているです。中古iPhone取り扱うマーケットも存在しています。 またジャンクマニアが存在があります。壊れたiPhoneを直しながら正常品に直していくそして転売をするマニアも多数存在します。 数は少ないですが、街中iPhone修理店の修理研修用iPhoneにも需要があるのです。 PMOパートナーズがご提案したのはこちらです。       壊れたiPhoneを買い取りで現金にそして、中古iPhoneを購入すればコストパフォーマンスも最高に良くなるのです。そこに中古iPhoneと格安SIMを組み合わせれば、もっとも最高のコスパとなるのです。 「PMOパートナーズが選ばれている理由」はまだまだあります。 ●買い取り価格が明朗な買取価格であること! 明朗買い取り価格は、非常に重要ではないでしょうか?ヤフーにて「ジャンク iPhone 買い取り」と検索しますと壊れたiPhoneの買い取り業者が多数ヒットします。それぞれの買い取り業者のページをみると買い取り価格が表示されている業者が少ないのが分かります。PMOパートナーズは、ここの買い取り価格を明朗にしていきたい!と感じており実践しています。 ●減額はしておりません! 他店の買い取り価格ページを見ると、一体いくらで買い取りをしてくれるのか?分らないのです。 それは壊れたiPhoneが届いてみてから査定をするからと言う理由からです。常にiPhone買い取りには、減額があり、いくら減額されるか?分らない不明瞭な買取店が多いのです。PMOパートナーズでは、ジャンクiPhone買い取りランクをA、Bに区分して機種ごとに応じて、状態に応じて買い取り価格をはっきり提示しています。もちろん、減額は一切しておりません。提示している買取金額にて買い取りを行っているので「PMOパートナーズが選ばれている理由」の一つです。 ●迅速な取引・翌日お振込みを徹底しているからです。 ご案内についてもメールにて買い取りから、お振込みまでしっかりご連絡をしております。また、買取価格が定額であることから、買い取り金額を即日にお振込みすることをモットーにしています。通常ですとiPhoneが到着した後、翌日から翌々日までに必ずお振込みを実行して、お振込み後もメールにてご連絡をしております。 ●お振込み手数料も当社負担であるからです。 買い取り金額をお振込みする際の、お振込み手数料も当社が負担しております。 ●配送料金も当社負担だからです。 iPhoneを発送する際は、宅急便着払いにてお送り下さい。お客様のご負担は一切ありません。どの配送会社でもOKです。ヤマト運輸、郵便局からでもOKなんです。また、買取一式セット(段ボール、梱包材、買取承諾書、配送伝票)も無料にてお届け致しているからです。(2~3日以内にお届けしています) その他にも「PMOパートナーズが選ばれている理由」もあるんですよ! ●完全無料にてiPhone買取完全講座を開講しております。 iPhone裏技等、いまさら人に聞けないiPhoneに関すること等が満載です。 一部をご紹介致します 第5回 ジャンクiPhoneを無料で新品に交換してもらえる方法(裏技) 『AppleCare+に加入していれば、故障したジャンクiPhoneでも、分解したり、脱獄iPhoneでなければ、液晶割れや水没などを含む故障を修理してもらえます。しかし、AppleCare+に加入していても、ほとんどの場合は有料での修理となります。できればお金を払わずに、無料で、ジャンクiPhoneを新品に交換できたら、夢のような話しですよね。今回は、自分のミスで故障してしまったiPhoneでも、さらに、AppleCare+に未加入であっても、新品のiPhoneに無料で交換してもらえる裏技を紹介したいと思います。 業界の裏側を赤裸々に書いてしまっていると話題にもなっている、iPhone修理業者は、儲かるのか?iPhon買い取業は儲かるのか?という禁断な部分にもPMOパートナーズは追求しております。 トラブル豆知識も日々更新しており、日々のiPhoneライフにお役に立てる情報が満載です。 例えばこんなケースもあるのでは、ないでしょうか? 『iPhoneが突然動かなくなった時はこうしろ!』です。 どうしてか?分りませんが突然にiPhoneが電源が落ちて、再度電源スイッチを押しても、動かなくなってしまう経験はありませんか?私自身も経験があります。アップデートをした後であるとか、長編動画を見ている瞬間に電源が落ちてしまい電源ボタンを押しても一切動かなくなってしまう状態の時がありますよね。 かなり焦ることになってしまうのですが、どうしたら良いのか?このまま電源が入らなくなってしまうのか?と明日は、仕事でiPhoneを使うのになぁ~!! そんなときは、対処方法を覚えておくととても便利で役に立つと思います。 『iPhone電源ボタンとホームボタンを同時に押し10秒以上両方のボタンを押したままにしてみる』 こんなに単純な方法でありますが、電源が入る可能性が非常に高いのです。 まずは、慌てずに『iPhone電源ボタンとホームボタンを同時に押し10秒以上両方のボタンを押したままにしてみる』です。 買取のご依頼は、超簡単です。 下記の方法で壊れたiPhoneの買い取り、いつもニコニコ現金払いになります。 壊れたiPhoneを箱に詰めて送るだけです。送料無料ですからお客様の負担は、まったく掛からずゼロです。 ヤマト運輸さんに連絡すれば、ヤマト営業所に電話連絡をするだけで荷物を回収に来てくれるので、家から、会社に居ながら壊れたiPhoneの買い取りが可能です。着払い伝票もヤマトドライバーさんが持ってきてくれます。 コンビニでの買い物のついでに着払いでPMOパートナーズに配送をすることも出来ます。 ご入金を待つだけです。 先程も書いていますが、iPhone迅速査定をして、翌日には御入金、最短入金を目指しています。もちろん買取代金のお振込み手数料もPMOパートナーズが負担しておりますので、お客様に掛かる費用は、ゼロなんです。 PMOパートナーズは、最高値買取りに挑戦しています! 壊れたiPhoneを売りたい!現金化するのでは、是非PMOパートナーズにお任せ下さい。

この季節でのiPhone 注意する点はここです!PMOパートナーズ

By | 2018年 12月 8日|

みなさん~いつもお買い取りのご依頼ありがとうございます。 最近は、店長日記の更新が出来なくなってしまってすみません。 また、書いていきたいと思いますので宜しくお願い致します。 もう早いもので、師走でクリスマスから年末となりますね~。 飲み会も増えるのがこの季節! みささん、電車や飲み屋さんで忘れものに注意しましょう。 そうです!!特にiPhoneの落とし物には気を付けないといけませんね~。 iPhoneは高価な金額でもありますし、iPhoneが無くなると何もで出来なくなってしまいますから。 また、iPhoneを落としてしまった時の裏技を特集していきますからね!! iPhoneで気を付ける一つとしてバックパップがあります。 […]

iPhone買い取り機種追加致しました。

By | 2018年 11月 3日|

iPhone XS MaX iPhone XS iPhone XR 追加致しました。  

買い取りが出来ないiPhoneはありますか?PMOパートナーズ

By | 2018年 9月 24日|

みなさんこんにちは!PMOパートナーズ 大口です。 強烈な暑さも遠い昔の様に感じてしまう店長です。もう、秋が目の前です。新しいiPhoneも発表になりました。それにしても高いiPhone。この価格帯はかなり強気ともいえるでしょう。この間買った新型の冷蔵庫と同じ値段ですから・・・。パソコンとも同じ値段ですね。 今日の本題に移りましょう。 『買い取りが出来ないiPhoneはありますか?』 […]

Aランク iPhone買い取り金額大幅アップ PMOパートナーズ

By | 2018年 9月 23日|

PMOパートナーズでは、Aランク iPhone 買い取り金額を大幅にアップ致しました。 壊れたiPhoneは、Aランクに該当するのか?  AランクのiPhoneのご説明は、こちらです。   Aランクの買い取り価格一覧はここをクリックして下さい。     壊れているiPhoneをAランクに該当するか?しないのか?お調べになりたい時はこちらをクリック

iPhone買取金額変更のお知らせ

By | 2018年 9月 17日|

iPhone買取金額変更のお知らせ iPhone買取金額が変更になりました。

壊れたiPhone買い取り価格明確表示しています。PMOパートナーズ

By | 2018年 8月 4日|

こんにちは=お久しぶりでございます。 PMOパートナーズ 店長 大口です。 最近は、更新がなかなか出来なくて・・・ また、書いてまりますので宜しくお願い致します。 最近のジャンク iPhone 買い取りをされている他の業者さんのホームページを数多くみてきました。 一つ感じることがありました。 それは、壊れたiPhoneの買い取り価格が明確に表示されていないことです。 明確に提示されていないと、不安ではないでしょうか? 壊れたiPhoneを買い取りを依頼し、送付して査定をされてみたら、減額もありえるからです。 もちろん、明確表示をしているのが一番だと感じるのですが、みなさんは、いかかでしょうか? 当店PMOパートナーズでは、壊れたiPhone買い取り価格を明確に表示をしております。 もちろん、減額等もしておりません。 『iPhone・スマホの買取専門店。当店のモットーは減額ナシ。定額買取実施中です! ひび割れ、破損、水濡れ、ボタンが効かないなど、故障やジャンクiPhoneでも高価買取 しています。PMOは現在最高値買取り挑戦中です!』 こんな感じです!他社様の悪口を言うつもりもありません。壊れたiPhone買い取り価格が明確に表示されている方がお客様が安心されるのではないでしょうか?

iPhoneでのバックアップは大切です。

By | 2018年 6月 17日|

みなさん~いつもお買い取りのご依頼ありがとうございます。 最近は、店長日記の更新が出来なくなってしまっていました。 また、書いていきたいと思いますので宜しくお願い致します。 関東地方も、梅雨入りとなりましたが気温の温度差が激しくて体調管理も 大変です。朝寒いだけど、昼間は、真夏日なんてよくあることです。 iPhoneは、精密機器でありますが寒暖差には十分気を付けないといけませんね。 iPhoneで気を付ける一つとしてバックパップがあります。 […]

買い取り価格の変更のお知らせ

By | 2018年 4月 12日|

PMOパートナーズでございます。 iPhone市況価格が下落していることにより、買い取り価格を変更致します。 宜しくお願い致します。

iPhoneのバックアップは大切です。PMOパートナーズ

By | 2018年 3月 3日|

こんにちは!PMOパートナーズです。いつも買い取りご依頼有難うございます。 春一番もありましたし、これからあたたくなってきますね~ 春と言えば、さくらですね~。 桜となれば、新入社員、新学生、生活がはじまる季節です。 新生活とともに、新しいiPhoneにする方も多くなる季節でもあるといますね。 新型iPhoneにする季節でもあるからですね~iPhone6からiPhone8ですね!iPHone6SからiPhone Xに・・・。 […]

本音で書きます!iPhone修理業者は儲かるのか?

By | 2018年 2月 18日|

こんにちは~ 毎日の買い取りご依頼ほんとうにありがとうございます。 日々買い取りのご依頼が増えてくるようなってきたんですよ。本当に有難いことです。 これからも出来るだけ高値で壊れたiPhoneを買い取りしてまいりますので宜しくお願い致します。 今日は、なんと大胆な「iPhone修理業者は儲かるのか?」ついて書いてまります。 […]

買い取り価格変更のお知らせ。PMOパートナーズ

By | 2018年 2月 12日|

いつも買い取りのご依頼をありがとうございます。 買い取り価格を変更致しましたのでお知らせ致します。 2月に二回目の変更となります。 相場状況が変化してきています。(下落傾向にあります。) 電源が入らない、ロックが掛かっている、Bランク買取価格が変更になっております。 本日まで申し込みをされているお客様は、旧価格で対応させていただきます。 2/12 11:00 より受付から新価格でのご対応となります。 宜しくお願い申し上げます。 PMOパートナーズ

iPhoneを落としてしまったら覚えておくこと!

By | 2018年 2月 11日|

こんにちは!壊れたiPhone高価買取店 PMOパートナーズです。 インフルエンザが猛威をふるっていいますが、体調を崩されていませんか? インフルエンザに掛からない方が奇跡みたいな感じになってますし・・・。 友達が、インフルエンザになり、様子を見ていると、熱が39.9ってありえないです。 みなさんもお気を付けくださいね。 何故?ホームページを更新するのか?と言えばこんなことが目的があるんです。 ネットでのiPhoneの申し込みを基本としているので・・・。 […]

買い取り価格を変更のお知らせ。PMOパートナーズ

By | 2018年 2月 4日|

いつも買い取りのご依頼をありがとうございます。 買い取り価格を変更致しましたのでお知らせ致します。 本日まで申し込みをされているお客様は、旧価格で対応させていただきます。 2/4 16:30 から受付から新価格でのご対応となります。 宜しくお願い申し上げます。 PMOパートナーズ

ネットワーク制限×になるのか?考えます!PMOパートナーズ

By | 2018年 1月 28日|

こんにちは! PMOパートナーズです。先週は、大雪になり今でも道路には雪が残っています。 寒い毎日となっていますが、みなさんは体調を崩さに過ごされていますでしょうか? お掛け様で壊れたiPhone買い取りのご依頼が急増しております。 ほんとうに有難うございます。頑張ってまりますので今後とも宜しくお願い致します。 今日は、多くの質問を頂戴するスマホのネットワーク制限について考えていきたいと思います。 […]

買取が出来ないiPhoneがありました。PMOパートナーズ

By | 2018年 1月 14日|

こんにちは! いつも壊れたiPhone買い取りのご依頼ありがとうございます。 iPhoneの買取業者もたくさんありますが、NO1買取価格で頑張ってまります。 当店は、どんなiPhoneでも買い取りが可能!!であると、私自身で自負していたのですが、昨年末に買取を依頼をされたiPhoneがどうしても買取が出来ないiPhoneがありましたので情報を共有させていただければと思います。 […]

今年も壊れたiPhone買い取りします。高価買取中 PMOパートナーズ

By | 2018年 1月 7日|

新年あけましておめでとうございます。 本年も壊れたiPhoneを高価買取してまりますので、宜しくお願い致します。 早速、買い取りのご依頼ありがとうございます。 お問い合わせも日々ありがとうございます。 当店は、壊れたiPhone買い取りを宅配、郵送にて買い取りを行っております。 […]

年末年始のお知らせです。壊れたiPhone買取専門店 PMOパートナーズ

By | 2017年 12月 31日|

おはようございます。 壊れたiPhone買い取り専門店 PMOパートナーズでございます。 年末年始の営業のお知らせです。 12月31日から1月4日まで休業日となります。 休業期間中でも、買い取りが可能でございます。 お申込みフォームからの受付買取商品の郵送受け取りは可能です。 買取商品の査定確認作業及びお振込み(銀行が休業日)お問い合わせのご回答や無料配送キットのご発送は、休業期間明けの5日より行ってまります。 緊急の買い取りにてご依頼され、ご質問等がありましたが、【緊急】と表題に付けて戴ければ出来る限りの対応は致します。 一番早い買い取り、現金化を急いでいる場合のお客様は、直接着払いで配送をして頂ければ、一番早く5日にお振込みとなりますので、直接配送をご依頼下さいませ。

今年一年買い取りご依頼ありがとうございます。PMOパートナーズ

By | 2017年 12月 31日|

おはようございます。 もう年末、もう、大晦日です。 今年も、多数壊れたiPhone買い取りをご依頼を戴きました。 […]

iPhoneのバックアップは大切です。非常時は絶対に役に立ちます。

By | 2017年 12月 31日|

こんにちは!中古iPhone買取 PMOパートナーズ店長です。 毎日が寒い日が続きます。 早いものでもう、大晦日となりました。 体調崩されていませんか? iPhoneの調子はいかかですか? iPhoneにて重要でありながらも意識していないことを書いていきます。 非常に大切なので・・・機種変更時にとても役に立ちます。 […]

忘年会シーズンだからiPhone裏技特集!PMOパートナーズ

By | 2017年 12月 23日|

おはようございます。 今日は、とっておきな情報があります。 そう、忘年会シーズンでもありますのでiPhoneユーザーしかもお酒の時期だかこそです。飲み過ぎてしまい、電車でスマホをイジリ途中で爆睡、iPhoneをポッケに入れから爆睡などありますよね! 飲み過ぎてしまい、iPhoneを駅、電車の中に置き忘れてしまった、また飲み屋さんに置き忘れてしまった時にとっても役に立つ情報です。 […]

気軽な質問等メッセージ受付中
お気軽にお問い合わせはこちらから